乾いた肌に潤いを与えるために化粧水のつけかた

メイクのノリがこの頃悪いなんて良くあることですが、リキッドファンデーションにパウダーファンデーションのノリが悪くなってきたら、保湿の方法に問題があるのかもしれません。化粧水を手に広げて、そのまま顔にもっていく人が多いようです。もちろんそれでもオッケーですが、コットンを使用している女性も多いです。
コットンを使用するメリットとしては、手から化粧水が溢れてこないことや、手からの雑菌が顔につかないことなどがあります。ですので、コットンを使いながらローションで保湿していくコツを紹介します。まずは、コットン一枚を手に取ると、スプーン一杯ぶんをコットンへとなじませていきます。
コットンの表にローションを加えたら、裏側までなじむ量を目安にします。次にそのコットンを肌に当てて、顔の下から上へと向かって肌になじませていきましょう。この時、トントンと叩くようにする人もいますが、肌を軽く押さえるようにして(包みこむように)と表現されることもありますが、優しくなじませていきます。
https://kondo-hiroshi.jp/